25時、赤坂で あらすじ・ネタバレ・感想【超人気俳優攻め×旬の俳優受け】夏野寛子のBL漫画を無料試し読み

25時、赤坂での画像 BL漫画
25時、赤坂で

夏野寛子の「25時、赤坂であらすじネタバレ・感想・無料試し読みを紹介します。

25時、赤坂では、超人気俳優攻めと旬の俳優受けのBL漫画です。

▼無料試し読みはこちらから▼

25時、赤坂でのあらすじ

作品名:25時、赤坂で
作者:夏野寛子(なつのひろこ)
出版社:祥伝社
連載掲載誌:onBLUEonBLUE comics
BL漫画のジャンル:芸能人・ゲイ・先輩・セフレ

ストーリー

大学時代の先輩羽山麻水と後輩の白崎由岐は俳優をしています。

麻水は超人気俳優だが、由岐はエキストラなどをこなす売れない俳優でした。

そんな由岐に麻水との共演が決まります。

内容は同性愛がテーマ。

初めての大役、そして相手が麻水。

由岐はこの作品をきっかけに売れいたいと思っていました。

そんな時、麻水と飲み酔っぱらった麻水が由岐に手を出してきます。

混乱する由岐だったが、由岐もそうだと思っていたと麻水に言われます。

自問自答するも、わからない由岐は取敢えず同性と寝てみようとバーに行くも、声をかけてきた相手は麻水でした。

25時、赤坂でのネタバレ

「25時、赤坂で」の内容についてネタバレ紹介。

大学時代の先輩後輩が同じ職業につき、そこから始まるラブストーリー。

大学時代からお互いの演技力を認めていて、ようやく同じ舞台に立てたと思うも内容は同性愛。

酔っぱらった麻水に体を触られて気持ち良くなってしまう由岐ですが、その時の麻水の視線に気持ちを揺らされます。

手を出したことを麻水ですが自分はゲイだと告白します。

そして由岐もそうだと思っていたと言われますが、由岐は自身はどちらが好きなのか答えられませんでした。

作品のこともあり、また麻水にも言われたことで取敢えずセックスしてみようとバーへ行くもそこで声をかけてくるのは麻水です。

自分でいいのかと訊く麻水に頷き、由岐は一緒に帰るも、抜き合いだけで終わり最後まではしません。

その後も麻水との関係は続くため現場で顔を合わすたびに、現実なのか演技なのかわからなくなっていきます。

作品の方は演技を誉められ、どんどん由岐の評価が上がって行きます。

体の関係が続く中、由岐は麻水の触れるところがどんどん気持ち良くなっていきますが、決して最後まではしない麻水に対し不満を感じます。

ドラマの評判は上々で、由岐はどんどん売れて行きます。

街でも声をかけられるようになり、変装も必要になって行きます。

ただ、由岐自身は売れている実感が沸かないまま決まる仕事をこないしていきます。

体の関係だけが続く中、二人の距離はぐっと縮まりますが、相変わらず最後まではしない麻水。

共演者から麻水には好きな人がいると知り気持ちが沈む由岐でしたが、自分の感情が何処へ向いているのかはっきりしません。

そしてクランクアップを迎えることになります。

この続きは本編で!

25時、赤坂での感想

「25時、赤坂で」を読んだ感想です。

俳優同士の恋愛物。

麻水さんは最初からゲイと言っていますが、由岐くんはどちらかわからない。

そんな状態からの恋愛ものですから、そこの感情は丁寧に描かれています。

そして、仕事の悩みにも正面からぶつかります。

恋愛、仕事両方の面で麻水さんという存在の大きさを由岐君が受け入れ、成長していく話だと思います。

高野先生の絵は綺麗で良いです。

また、えっちもたっぷり入っているので、キュンキュンしたい、ドキドキしたいという方にお勧めです。

電子書籍なら今すぐ読めますよ
タイトルとURLをコピーしました