悪女は砂時計をひっくり返す 53話 ネタバレ・感想【遂に捕らえられたベリー!】ピッコマ作品

少女漫画

Antstudio・SANSOBEEの「悪女は砂時計をひっくり返す53話ネタバレ・感想(考察)を紹介します。

悪女は砂時計をひっくり返す 53話ネタバレ

作品名 悪女は砂時計をひっくり返す
作者 Antstudio・SANSOBEE
出版社 ピッコマ / kakaopage
ネタバレ話数 53話
漫画のジャンル ファンタジー・復讐・転生・悪役令嬢・フルカラー

アースへの罪悪感

アースに教えられたベリーの居場所に向かうアリア。

アリアは、アースが「アリアが何をしたとしてもそれには理由があるはずだ」と言って、ベリーを彼女の好きにさせたことを思い出します。

アリアが過去に戻って周りに復讐している悪女だとは知らないアースだからこそ、そのようなことが言えたのだとアリアは考えます。

しかし、それでもアースなら何をしようと受け止めてくれるような気がするアリア。

昨日アースに求婚されるまで皇太子は公女と結婚すると思っていたので、彼に対してこれまであまり期待していなかった自分に気が付きます。

しかしもう、過去に戻る前の世界とはまるっきり展開が変わってしまっているのでした。

ベリーとの取引

伯爵家の玄関では、泊められた大きな馬車を見て侍女のアニーはアリアが旅行に行くのかと尋ねます。

しかしアリアは、ある人を遠くに行かせるためのものだ、と答えるだけでした。そんな中、フードを頭まで被った怪しい人物がやって来たことにアニーは気が付きます。

アリアはフードの人物に、どうしてやるべきことをやらずに戻って来たのか、と尋ねます。そのフードの人物こそベリーだったのです。
ベリーはアリアに、本当に自分が殺されずに済むのか確認させてほしい、と言うのでした。

時はアリアが捕らえたベリーに会った時にさかのぼります。

ベリーを見るなり彼女の髪の毛を掴み、自分が生きていることに驚いただろうとアリアは言います。
アリアは鬼のような形相で、なぜベリーが被害者ズラして泣いているのか、なぜあのようなことをしたのかと問いかけます。

そして彼女の頬を思いっきり叩くのでした。
これまでどこに隠れていたのか、薄汚れたベリーを見て、アリアはこれ以上殴る気を失くします。

さらにアリアは、ベリーにチャンスを与えると言い始めます。アリアはベリーがどうして自分の侍女になったのか、誰の指示でお茶に毒を入れたのかを知っており、ベリーもそれに気づいていたはずだと話します。

指示通りに動いてくれれば外国に逃がしてやると提案するアリア。

その指示とは、明日の朝、伯爵邸でアリアのお茶に毒を入れろと指示した犯人を曝露しろ、とのものでした。

そのようなことをすれば警備隊に連行されるかもしれないと言うベリーでしたが、アリアは今ここでベリーを殺すことも出来るのだと脅し、服を買うだけのお金を置いて立ち去るのでした。

捕らえられたベリー

場面は翌日の伯爵邸に戻り、怯えるベリーに対しアリアは逃走用の馬車を見せます。馬車の中にはお金や食料が全て揃っていると言うアリア。

さらに、ベリーは間違えて味方に付く人間を間違えただけで、自分はベリーのような賢い人間が好きだ、ベリーには悔しい思いをしてほしくない、と伝えます。

ベリーがロビーに現れたことで、屋敷中は大騒ぎに。驚いてやって来る伯爵夫妻に対し、青ざめた様子のミエールとその侍女エマ。

話したいことがあると言うベリーに対し、アリアは彼女の話を聞こうと言います。完全にアリアの虜になってしまった義理の兄カインも、アリアの言葉に従いベリーの話を聞くよう皆に持ち掛けるのでした。

焦ったミエールは、ベリーが凶器などを持っている可能性があり怖いので聞いていられない、と訴えます。

しかし、アリアや伯爵夫妻は、怖いのならミエールだけ部屋に戻ってはどうかと言い放ちます。
行く場を失くしたミエールは、真っ青になって震えながらその場に立ち尽くすのでした。

衝撃の暴露!

皆が注目したところで、ベリーは話し始めます。

この事件の真犯人に、アリアのお茶に毒を入れないと家族を殺すと脅された、仕方なく毒を受け取ったが、躊躇っている自分を見たアリアが事情も知らず心配してくれた、と、真実と嘘を交えて話します。

それに対してアリアも、あの日いつもとは様子の違うベリーに対し、「悩んでいることがあるのなら自分の幸せを考えて行動するように」と助言したが、その言葉のせいで彼女の決意を促してしまったのでは、と平然と語ってみせます。

ベリーとアリアの迫真の演技の結果、ベリーに同情する侍女たち。伯爵はベリーに真犯人を明かすよう言います。

すると、とっさにベリーの前に立ったエマ。ベリーはそれでもひるまずに、エマが真犯人であると暴露しました。

逆上したエマはベリーに掴みかかり、嘘を言うなと叫びます。

そんな2人を引き離そうとする侍女たちに、エマの名を呼びながら涙を流すミエール。修羅場の中でアリアは、何て素晴らしい状況なのだ、と一人で考えてしまうのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す 53話の感想(考察)

「悪女は砂時計をひっくり返す」の53話を読んだ感想です。

これまで何度も姑息な手でアリアに危害を加えようとしてきたミエールでしたが、遂に彼女の悪行の一端が明かされました!

あれだけ公女に早く後始末をするよう言われていたのに、側近であるエマを差し出すことが出来なかったミエール。

それが仇となって逆にアリアに弱みを握られてしまうのですが、これまでのミエールの言動を考えると全く同情できませんでした。

やっとミエールの化けの皮が剥げるのではないかと思うとワクワクが止まらない回でした。また、これからミエールの兄であるカインがどちら側に付くのかとても気になりました。

作品の関連記事

「悪女は砂時計をひっくり返す」のネタバレ関連記事はこちら。

タイトルとURLをコピーしました